2017.05.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.07.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
向こう三ヶ月音沙汰が無ければ皆様大使館にご連絡を

カザフステップの冬季横断に向け、これまでと装備を一新しました。以下。

(1ドル=34ソム=110円)


・・・・・・・・・・・・・

■装備

ゴアテックス製軽登山靴(新品。8200ソム)

ゴアテックス製軽登山靴(今まで使っていた物。ボロボロ)

防水クリーム

冬用二枚張りテント(11000ソム)

冬用シュラフ(-40℃対応。8000ソム)

春秋用シュラフ(-0℃対応。mont-bell)

冬用ゴアテックス製アウター(5880ソム)

ユニクロのフリース

レインウエア上・下(mont-bell)

登山用ボトム(白野さんから)

ロシア製手袋(3200ソム)

軍用手袋(バザールで購入。120ソム)

冬用ニット帽(mont-bell)

ロシアの帽子(バザールで。400ソム)

防寒マスク(700ソム)

砂漠用ターバン(中国・西安で購入)

ひざサポーター(中国・西安で購入)

足首サポーター(中国・西安で購入)

下着・靴下・その他着替え

MSRガスストーブ(日本から再度送ってもらう)

鍋(バザールで。55ソム)

テント設営用スコップ(430ソム)

タイガーバーム(皮膚薬。タガタさんから)

食料(主に干し肉)

非常食(そのこ先生から)

カイロ(そのこ先生から)

テントマット(白野さんから)

グラウンドシート(白野さんから)

断熱シート(白野さんから)

粉末ポカリ(JIKAのあやかちゃんから)

日本製爪切り(さとしから)

耳掻き(さとしから)

MP3ウォークマン

イヤホン(さとしから)

反射帯(白野さんから)

ソ連時代の中央アジア地図(フジモトさんから)

ミニパソコン(フジモトさんから)

軍用ミニバッグ(バザールで。60ソム)

風呂セット・タオル

大量の薬品類(たーくんとひーちゃんから)

デジカメ(地元の友人たちから)

ミニ三脚

日記帳・ノート・文房具

ロシア語テキストのコピー

ペンチ・針金・ネジ等(台車修理用)

口琴(バザールで購入)

ガソリンタンク(5ℓ)

・・・・・・・・・・・・・


結局なんだかんだ揃えたら1500ドルちかい出費になってしまいました。

シュラフは二枚重ねに使うことで寒さを和らげるため、手袋・靴は濡れたまま長時間使いつづけると凍傷になってしまうので二つずつ用意。テントの設営時や除雪しながら進むときに必要になるであろうスコップまで用意することに。

この冒険以外にもまだいろいろ計画してるんで、ここでこれだけの出費はきついけれど、生きて日本に帰るためには仕方のない出費と思えば我慢するしかありません。

猟銃も売ってたんで狼や熊と遭遇したときに備えて買おうかと思ったんですけど、無許可のうえ未経験、さらにはむちゃくちゃ高かったのであきらめました。

装備を提供してくださった方々、本当にありがとうございます。次に会うときはなんかうまいもんでもおごらせてください。


・・・・・・・・・・・・・

■カザフスタン横断ルート


ビシュケク

↓90km

キルギス-カザフスタン国境

↓220km

タラズ

↓170km

シムケント

↓160km

トゥルキスタン

↓300km

クズルオルダ

↓450km

アラリスク(アラル海付近の町)

↓610km

アクトゥベ

↓620km

アティラゥ(カスピ海北端の町。町に流れるウラル川を越えた先はヨーロッパ)

↓370km

ロシア国境


総距離 2990km


・・・・・・・・・・・・・


すんなりロシアに抜けられればいいんですけど、ロシアビザの取得のためにもう一度ビシュケクに戻ってこないといけません(入国日2ヶ月前からしか申請できない)。

とりあえず最低でもクズルオルダ、狙うはアティラゥでのヨーロッパ入り。
イスタンブールに比べておそろしく地味なアジア横断ですけど、目的はアジア横断ではなくってユーラシア大陸の横断なんでまあこんなもんでいいと思ってます。

では、行ってきます。

2007.11.26 (Mon) 18:51
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。