2017.03.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.05.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
積もってます

朝起きてベランダに出て煙草を吸おうとすると、いつも見ているベランダからの景色が変わっていました。

雪。

積もってます。

昨日まではベランダから遠く南にそびえ立つ雪のかかった天山山脈とここ四階の宿のベランダから手の届きそうなくらいの高さまで伸びた木、そしてその木の上で戯れるリスなんか眺めながら、うんうん秋だなあとへらへらしておったつもりなのですが、一晩たてばもうこの通り。

やっぱりあれだな、秋の次は何があったって冬が来るのだな、とぼくはそんなことに強く納得してしまって、日本を冬に出発して冬→春→夏→秋→冬と季節が一周してしまった今、ここキルギスという国で未だ歩くということに執拗な執念を持ちつづけている自分が素晴らしく思えたり、阿呆らしく思えたり。
とりあえずは、よくもまあこんなとこまで歩いてきたもんだなあと今一度そう思ったのです。


で、今日から冬が始まります。

ロシア語の勉強をしながら、プーチンを呪い続ける生活もいよいよ終わり。来週末にはカザクの半年ビザの受領を終えて、それから先はカザフの大草原を氷点下30~40℃の環境下で数ヶ月歩くことになります。

会う人みんなが心配そうにビシュケクでの越冬を勧めてくるのだけれど、将来的に南極やエベレスト、ベーリング海峡やシベリアをやりたい自分にとって、いま目の前に用意されたカザフスタンの環境は練習にはうってつけ。

恐ろしくきついだろうけど、今そんな世界を経験できるのは嬉しくもあります。

やるぞー


※まだロシアビザを取得していない(ロシア入国二ヶ月前からしか申請できない)のでもう一度ビシュケクに戻ってくることになります。そのときにもう寒いのは無理だーと思ったのなら越冬します。

2007.11.09 (Fri) 20:18
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。