2017.05.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.07.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
砂と人

478103624_219[1][1]_convert_20090220115147

昨日、新疆ウイグル自治区ハミ市へと到着しました。
上海よりじつに3600km。

昨日までの甘粛省瓜州-新疆ウイグル自治区ハミ間の360kmもの距離は、それまで歩いてきた中国とは比べものにならないほどに苛酷なものでした。


360kmもの長い区間、本当になーんにもない。

ただただ乾燥した砂の大地。


砂漠、地平線、蜃気楼、砂嵐、枯渇した池、野生動物の骨


ごくたまにトラック運転手の休憩所としてできた集落があったり、砂漠に高速道路を建設中の人たちが見受けられる以外はやっぱりなにもない。

ぼくは幸い台車に水や食糧を積んでいたのでなんとか無事にここまで来れたけれど(それでも水は二度ばかり尽きた)、補給のできない宿にも泊まれない状態が何日もつづき、さらには気温も40度を軽く越えるこの区間は本当に地獄のような世界でした。

日陰なんかないです。
雨が降ればうれしいんですけど、雷が鳴ったら終わりです。


今まで経験したことのない見たこともないような恐ろしい世界がそこにはあって、そしてそんな世界にもごくわずかだけれど人間が住んでいました。



なんであんたらはこんなところで生活をしているのか

こんな世界にいったいなにがあるというのか

夏は灼熱、冬は氷点下、水がない、緑がない

なにもない


478103624_54[1][1]_convert_20090220115220




そんなところに住む人たちへの疑問を抱えながら、十日間砂漠にテントを張りつづけました。

360度パノラマの地平線で満点の星空を眺めつづけました。


478103624_241[1][1]_convert_20090220115252



ぼく、死生観が変わったかもしれません。









※中国ビザ期限8月10日。残り1200km。カザフへ。
2007.06.26 (Tue) 03:47
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。