2017.03.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.05.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
どこやねん(アタラヤ村)

さてさてさて。

リマに戻ってきております。ほんで明日からアマゾン川に向かいます。

結局アマゾン川のスタート地点は、アタラヤ村(どこやねん)というところから始めることにしました。

プカルパから船で四日もかかるというどうしようもない田舎。

ジャングルの真ん中にぽつんとある村で、周りの村とアタラヤ村(どこやねん)を繋ぐ道路がありません。いわゆる陸の孤島とかいうやつです。

もっと上流も調べたんですけど、この村から先はアンデス山脈の裾野に引っかかってくるんでイカダ下りの限界はおそらくこの辺り。

アタラヤ村ってどんなとこなんやろ、女性はみんなおっぱい出してんのかな、てかそもそもアタラヤ村ってどこにあんねん、などと不安に思っていた昨日、偶然にもアタラヤ村まで行って船外機関連の仕事を終えてきた出張中の日本人サラリーマンとの奇跡的な出会いがありまして、アタラヤ村の情報を手に入れることができました。
本当にありがたいことです。

こんなわけのわからんアマゾンの奥地にまで出張に来てる日本のサラリーマンにみんな感謝しよう。
ありがとう、山川さん。ありがとう、ニッポンのサラリーマン。

アタラヤ村の人がとても優しかったというので安心しました。可愛い女の子が多かったそうなんで安心しました。

しかし、おっぱいは出してないようです。

image.jpg


2012.10.30 (Tue) 13:30
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。