2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.09.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
台風はもう過ぎた

好日。

友人と久しぶりの再会を果たした帰り際、とぼとぼと名神高速の高架下を歩いているところへ、日本縦断中の台風18号の影響で登校時間がずれこんだらしい小学生たちがこちらへ向かって歩いてくる。

それはまるでどこだかの国の羊の群れのごたる様子。
もちろん羊飼いはいない。

この集団はおそらく、否、明らかにぼくの母校の生徒たちにちがいなく、ぼくも20年ほど前にはこうして数年に渡る集団での登校を繰り返してたわけなんやけど、どうやら当時に比べると群れを構成する子羊たちの数が激減してしまったようで、否が応にも少子化という問題を憂わずにはいられなくなる。

少子化ジャパンに高齢化ジャパン。
すなわち表裏一体ジャパン。

”憂わずにはいられない”やなんてかっこいいことを言うておきながら「子供めっちゃ減ってるやーん」言うてしょうもない感想しか述べられないでいると、こちらへ向かってくる小学生たちとぼくとの距離は次第に縮まり、すれ違う。

すれ違いざまにその群れの中の一人、3年生くらいの子羊の声が耳に届いた。


「それもう、バグってんちゃあん!?」


それを聞いて、この町が間違いなく伏見であることをなぜか深く実感。

台風はもう過ぎた。
2009.10.08 (Thu) 22:48
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。