2017.03.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.05.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
大西洋よりの使者

いくらヨーロッパの人間がぼくに話しかけてきいひん言うても、なんだかんだで二日に一度くらいは道行く車が路肩に止まって「乗っていけよ」と声を掛けてくれるわけで、いや、二日に一度だなんてやっぱり旧ソ連や東欧に比べれば全く話しかけてこないに等しい数字でとても退屈な数字なわけやけど、とにかくヨーロッパでだって話しかけられることくらいはある。

「乗っていけよ」

もちろん「乗っていけよ」と言われて素直に車に乗ってしまえば、これからの向こう一生を後悔の念に苛まれたまま後ろめたい気持ちで過ごさなければならないことは間違いないわけで、いちおうは現地人のそういった親切心をとても嬉しくは思うんやけどゴールを間近にして今さらそんな誘いに耳を傾けている場合ではないし、なにより車に乗った瞬間にロカ岬にたどり着いた時の達成感は半減、いや、まったくの無に帰してしまううえに、自分は今までの二年半何をやってたんや?ということになることは簡単明瞭。歩けなかったロシアの一部だってそのうち必ず歩いてやろう。

「ノ、グラシアス」

と言うてなるだけ失礼のないように全開の笑顔で停まってくれた車の運転手に断りをいれてからぼくが思うのは、ほんとわざわざ停まってくれたのに悪いなあという運転手に対する少しばかりの申し訳なさと、それにしたってスペインのこの暑さってどうにかならないもんだろうかというイベリア半島に対する強い不満やったりする。

これが、二日に一度ほどある現地人との数少ないコミュニケーション。



で最近、そうやって声をかけてくれた人の中にこんな人らがいた。

P1040281_convert_20090816214430.jpg


バカンス中のカップル。

話しかけられた時にぼくが相手の素性に気づかないのは当然なんやけど、相手がいろいろ質問してきたので「リスボンまで歩く」とぼくが言うと相手がえらく興奮して言うた。

「ぼくたち、そのリスボンに住んでるんだよ!」

「そうかそうかポルトガル人やったのか、そこがゴールやねん、そこの近くにカボダロカって岬あるやろ?そこに行くねん」と言うて彼らと別れたわけやけど、これは別段なんてことないいつもどおりの出会いと別れだと言えるし、感動もくそもあったもんではなく、彼らに対する感謝とイベリア半島に対する不満を例のごとくひとりごちて、ぼくは歩くことになる。

いや、しかし。

後々歩きながら彼らとの出会いを思い返してみて、ここはまだスペインではあるもののいよいよとうとうリスボン人と出会ったことにぼくは変な気持ちになって、それはなんというか上手く説明できひんねんけどとても難解に思えればとても簡単に思える気持ちで、とにかくここ二年半に起きた出来事を思い出すこととなって、中国での道中に台車のホイールがちぎれたことだとか、ポグダ峰を指をくわえて眺めるしかなかったことだとか、馬乗りカザフ人にアイポッドを持ち逃げさかけたことだとか、冬のカザフから逃げ帰ったことだとか、宿に押し寄せた警官に金をせびられたことだとか、泥酔した若い奴らにリンチされたことだとか、暴漢にハイキックされて顔面に傷を負ったことだとか、ビシュケクでロシアビザを延々待っていたことだとか、スパナ振り回す子供たちに追いかけられたことだとか、国境でライフルを首から下げた軍人二人に財布を奪われたことだとか、ロシアで羊飼いに身ぐるみを剥がされたことだとか、車に乗った強盗から必死で逃げまわったことだとか、ほんでロシアの一部を諦めなあかんようになったことだとか、ネオナチにビール瓶を幾度も投げつけられたことだとか、モルドバで犬に太ももを咬まれたことだとか、ルーマニアで寝込みのテントを三人の男に襲われたことだとか、あげくブカレストで鬱になってしまったことだとか、まあまあよくもこれだけ悲惨な経験を積めるもんやなと呆れかえるより他にない大陸横断中の艱難辛苦の記憶を回顧していくとともに、諦めないとかそんな美しい言葉じゃなくって単にしつこいだけでここまで歩いてきた自分を半分心配に半分誇りに思う複雑な気持ちと、リスボン人に会っていよいよゴールが近づいてきていることを地図以外で初めて実感させられる喜びと、「南極や、南極を歩かせろ」というもはや夢よりは呪いといった方が正確にちがいない耐え難い欲求とが重なり合って、まあなんや、泣いた。

えぐえぐ言うて路側帯に膝をついた。
2009.08.16 (Sun) 20:34
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。