2017.05.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.07.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
健康に悪い

イタリアやフランスの海岸線を歩いていて自分自身でも意外に思ったのは、海岸線を歩いているぼくの視線を釘付けにしてしまうのが浜辺でおっぱい振り回しながらはしゃいでいるフランス人のあほ女子ではなくって港に停泊するヨットやクルーザーだということでした。

最近偶然にも18世紀末にアリューシャン列島に遭難した日本人の本だとか椎名誠のパタゴニア紀行、野田知佑の北極圏カヤック行なんかを読んでいたせいか、港に並ぶ船を見ているとぼくは海に出たくて仕方なくなってしまうのです。

クルーザーやヨットが見える風景に、悶々とした気持ちを抑えられなくなったぼくはたまらずギブアップ。


カンヌ南西より内陸側へと進路変更。


トゥーロンやマルセイユをパスして、一路モンペリエへと向かっています。
2009.06.24 (Wed) 02:56
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。