2017.05.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.07.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
旅行資金の行方

さて。

突然ものすごい角度から邪魔が入りまして、ぼくの旅行資金である数千ユーロのお金が大陸上に投げ出された形になりました。

北米からの刺客、シティバンク。


市内観光をたっぷりして、新しいシュラフを買って、バックパックカバーも新調して、フリースをもう1枚購入して、地図をより優秀な地図に買い替えて、YHで仲良くなったルーマニア人たちが偶然これから寄る町の出身だったので寄った際に遊ぶ約束して、ほんでほんでほんでほんで、シティバンクからの不意討ち。


卑怯や


ぼくの心をぼっきぼきに折ってやろうという彼らの嫌らしい不意討ちに、ぼくの心は見事ぼっきぼきに折れてしまいました。


卑怯や


しかしいくらシティバンクを責めてみたって最初から彼らは「この口座は二年間限定ですよー」てなことを言ってたわけで、それなのに2年経った今、ゴールどころかスラブ圏の脱出さえままならない自分がシティバンクに何を言ったって「そんなのお前が悪い」と言われてしまうだけのこと。


「お前がちゃんと歩かないから悪い」


しかししかし、シティバンクよ。君たちは間違っている。


「悪いのはロシア外務省です」

「あとトルクメニスタン外務省とー、カザフの冬に大敗した腑甲斐ない自分とー、オデッサで無意味に沈没してたさらに腑甲斐ない自分とー、太陽のせいです」


なんだかんだで自分にもかなり非があるなあなんて事はもう今さらどうでもいいことで、今ぼくが考えないといけないのは大陸上に放り出された旅行資金の行方。

で、いろいろ調べてみました。



■シティバンクで別口座を開設

シティバンクで別口座を開設しようとすると、口座開設から新しいキャッシュカードがぼくの手元に届くまでにかかる期間はなんと2カ月。

シティバンクの査定を受けて、口座が開設されて、実家に新しいキャッシュカードが届いて、さらにそれをヨーロッパまで送ってもらうことになるからです。

もはや越冬コース。

実際には歩きながらカードの到着を待つ感じになるのだろうけど、口座維持手数料も月に二千円くらいかかります。

やめときます。


■クレジットカードで旅行

クレジットカードで旅行しようかとも考えました。

ただ、今現在ぼくのクレジットカードの引き落とし先になる日本の銀行口座にはほとんどお金が入っていません。ちょっと前にシティバンクの方にあらかた移しました。

お金を入れるためには、シティバンク口座を解約してそのお金を日本に送金する形になります。現シティバンク口座から日本の銀行口座への振り込みが不可能なので、口座解約後に送金。

ただこれはとても重要なんですけど、ルーマニアでシティバンクを解約すると現金はルーマニアレイ(現地通貨)でしか戻ってきません。

大量のルーマニア通貨をユーロなりドルなりに両替してから日本に送金することになるんですが、オデッサで仲良くなったイワオくんが、オデッサで大量のウクライナ通貨をユーロに戻そうとして両替屋に断られまくっていたのを目の当たりにしているのでかなり不安。

ルーマニアの現地通貨を数千ユーロものお金に両替できるものなのかどうか。。

あと、ぼくはクレジットカードを使うのに抵抗がある古い人間でして、スキミング被害とかほんと大丈夫なんか?っていつも不安に思っています。

なんとなく、やめときます。


■解約後、現金をトラベラーズチェックに

これはもう単純。

シティバンクを解約後、現金を大量に持ち歩くのは危険なのでユーロ建てのTCを作ります。
今どき、TC一本にしぼった旅行。

問題はひとつ。

すでに上述してますが、ルーマニアで解約した際の大量のルーマニア通貨をユーロに両替できるのか、ってことです。

明日現地の両替屋をまわって確認してみますけど、もし無理っぽいなら1度ユーロの国に行く必要があるかもしれません。
ユーロの国でシティバンクを解約して、TC作って帰ってきます。

てかよく考えたらわざわざそんなことしなくたって、ルーマニアの銀行でルーマニア通貨から直接ユーロ建てのTC作れるんちゃうん?

絶対そうやろ、銀行ってそうゆうとこやもん。

ありです。


■解約後、西欧系の銀行口座開設

解約したお金を、西欧系の銀行に預金。

大恐慌なんてもろともしないような強い銀行を探して口座開設。
FUKYOU KAKATTE KOI BANKとかDAIKYOUKOU NANKA KANKEI ARAHEN BANKでの口座開設を狙っています。

ただ口座開設なんで、聞きたいことを山ほど聞かなければなりません。口座維持手数料の有無だとか各国々の現地通貨でお金が下ろせるのかとか。
大丈夫なんか、おれの英語力は。

銀行次第でありです。



それにしたって日記を書き出した時は、どの方法が正しいのかよくわからへん感じやったんですけど、えらいもんで書き連ねてるうちにどれが正しいのかよくわかってきました。

こんなもんどう考えたって、TCか西欧系銀行の二択。


この後に及んで、再びシティバンクの世話になろうかと考えていた1時間前の自分にこう言ってやりたいです。


「ばーか」

2008.12.18 (Thu) 01:19
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。