2017.03.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.05.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
強盗

ロシアの一部を歩くのは諦めることにしました。

理由は前にも日記に少し書いたように、ロシアの田舎を歩いてたら強盗に襲われてしまい、警察署で数日にわたる尋問、警察から解放された時にはロシアビザ期限内にロシアを歩ききるのが不可能になってしまったからです。

いやもっと言えば、諦めた理由は車に乗った強盗たちの住むあのエリアを歩きなおすのはあまりにも無謀すぎるとそう思ったからです。

この場合、ロシアビザ期限に関してはあまり問題ではないです。
中国だってカザフだって同じ問題に悩まされてきました。再取得すればどうとでもなります。

いや、すいません、これはやっぱりウソです。
中国ビザやカザフビザの再取得とロシアビザの再取得は同じではないです。

日本国外でのロシアビザ取得にどれだけの時間と労力とお金が必要なのか、そのためにどれだけの忍耐を必要としてきたのかを考えると中国やカザフのビザとロシアビザを一緒にはできません。

今回の諦めの判断を下すうえでロシアビザはやっぱり幾らかの比重で諦めの判断材料になりました。


ただ、そんなロシアビザの問題を加味しても、車に乗った強盗に襲われたことの方が今こうしてユーラシア大陸を歩ききることを諦めることになった原因としては大きすぎました。

徒歩旅行者の荷物を全て奪い、道路から離れ草原を逃げまわるぼくの後ろを車でなおも追いかけてきたあの犯人たちともう一度対峙する可能性を考えると、どうしても再びあの場所に戻ることは賢い判断だとは思えません。

警察に捕まってからも全く反省の色を見せず、署内でぼくとすれ違う度に暴言を浴びせてきたあの犯人たちともう一度遭遇してしまうのはあまりにも危険すぎます。
これはいくらぼくでも容易にわかります。

そして何よりも問題だったのは犯人たちが車に乗っていたということです。

歩きなおしても再び遭遇する可能性があまりにも高すぎました。



もちろん羊飼いの時にめちゃめちゃ悩んで結局歩きなおすことにしたくらいなんで、今でも気を抜くとおかしくなってしまいます。
がああああ、ってなります。度重なる自分の不幸を嘆くようなかんじで。

ただ不思議なものでそれは、ここまでずっと歩いてきたのにっていうのではないです。

すでにエリスタでそのことを強く思いすぎたせいであんまりそういう風には思わなくなってるのか、襲われるあの場所までずっと歩き続けてきただけでよくやれたなあ、とそう思うことのほうが多いです。

中国やカザフを横断した経験は今後に必ず生きてくる気がします。強盗に襲われてロシアが駄目になったとしても今までの経験はきっと無駄にはならへんはずやから。

たぶん今こう思えてるのは、ここまでずっと歩いてきたのにっていう思いが消え去るくらいに強盗が怖かったからやと思います。
ここまでずっと歩いてきたのにという思いに、やばい殺されるという恐怖が勝ったんやと思います。

今後もいろいろ冒険したいならいつかやめないといけない思考やったんで、それをやめさせてくれたという意味だけに於いてはいつかは強盗に感謝してもいいのかもしれません。

ただ今は無理です。
あいつらがめっちゃ怖いし、めっちゃ腹立つ。それだけです。


今にして思えば、前に出会った羊飼いの犯人なんてめちゃめちゃかわいらしいですね。
羊飼いの犯人から戻ってきたバックパックの中身で荒らされてたのは財布の中に入っていた200ルーブル、たったそれだけでしたから。
カメラもMP3ウオークマンも全く手をつけてませんでしたから。

ちなみに200ルーブルは円換算すると900円程度です。



ということで、今日明日中にここロストフを離れてウクライナに向かいます。

ノービザの国々がぼくを待っています。
ユーラシア大陸の後編です。





915613954_149[1][1]_convert_20090219075751

<写真>
この写真は犯人がぼくからカメラを奪って逮捕されるまでの間に犯人が撮った写真です。
右にいる黒いのが強盗。泥酔中。

2008.08.29 (Fri) 11:09
COMMENT
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。