2008.11.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2009.01.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
ワールドキャッシュ

シティバンクは、第三国で作られた簡易口座に対して何もできないくせに海外にぽんぽん支店を作らないでください。そして、そんなチンケな簡易口座に対して"ワールドキャッシュ"なんてたいそうな名前をつけないでください。

どこがワールドやねん
日本でしか解約できひんやんけ

スポンサーサイト
2008.12.23 (Tue) 20:23
旅行資金の行方

さて。

突然ものすごい角度から邪魔が入りまして、ぼくの旅行資金である数千ユーロのお金が大陸上に投げ出された形になりました。

北米からの刺客、シティバンク。


市内観光をたっぷりして、新しいシュラフを買って、バックパックカバーも新調して、フリースをもう1枚購入して、地図をより優秀な地図に買い替えて、YHで仲良くなったルーマニア人たちが偶然これから寄る町の出身だったので寄った際に遊ぶ約束して、ほんでほんでほんでほんで、シティバンクからの不意討ち。


卑怯や


ぼくの心をぼっきぼきに折ってやろうという彼らの嫌らしい不意討ちに、ぼくの心は見事ぼっきぼきに折れてしまいました。


卑怯や


しかしいくらシティバンクを責めてみたって最初から彼らは「この口座は二年間限定ですよー」てなことを言ってたわけで、それなのに2年経った今、ゴールどころかスラブ圏の脱出さえままならない自分がシティバンクに何を言ったって「そんなのお前が悪い」と言われてしまうだけのこと。


「お前がちゃんと歩かないから悪い」


しかししかし、シティバンクよ。君たちは間違っている。


「悪いのはロシア外務省です」

「あとトルクメニスタン外務省とー、カザフの冬に大敗した腑甲斐ない自分とー、オデッサで無意味に沈没してたさらに腑甲斐ない自分とー、太陽のせいです」


なんだかんだで自分にもかなり非があるなあなんて事はもう今さらどうでもいいことで、今ぼくが考えないといけないのは大陸上に放り出された旅行資金の行方。

で、いろいろ調べてみました。



■シティバンクで別口座を開設

シティバンクで別口座を開設しようとすると、口座開設から新しいキャッシュカードがぼくの手元に届くまでにかかる期間はなんと2カ月。

シティバンクの査定を受けて、口座が開設されて、実家に新しいキャッシュカードが届いて、さらにそれをヨーロッパまで送ってもらうことになるからです。

もはや越冬コース。

実際には歩きながらカードの到着を待つ感じになるのだろうけど、口座維持手数料も月に二千円くらいかかります。

やめときます。


■クレジットカードで旅行

クレジットカードで旅行しようかとも考えました。

ただ、今現在ぼくのクレジットカードの引き落とし先になる日本の銀行口座にはほとんどお金が入っていません。ちょっと前にシティバンクの方にあらかた移しました。

お金を入れるためには、シティバンク口座を解約してそのお金を日本に送金する形になります。現シティバンク口座から日本の銀行口座への振り込みが不可能なので、口座解約後に送金。

ただこれはとても重要なんですけど、ルーマニアでシティバンクを解約すると現金はルーマニアレイ(現地通貨)でしか戻ってきません。

大量のルーマニア通貨をユーロなりドルなりに両替してから日本に送金することになるんですが、オデッサで仲良くなったイワオくんが、オデッサで大量のウクライナ通貨をユーロに戻そうとして両替屋に断られまくっていたのを目の当たりにしているのでかなり不安。

ルーマニアの現地通貨を数千ユーロものお金に両替できるものなのかどうか。。

あと、ぼくはクレジットカードを使うのに抵抗がある古い人間でして、スキミング被害とかほんと大丈夫なんか?っていつも不安に思っています。

なんとなく、やめときます。


■解約後、現金をトラベラーズチェックに

これはもう単純。

シティバンクを解約後、現金を大量に持ち歩くのは危険なのでユーロ建てのTCを作ります。
今どき、TC一本にしぼった旅行。

問題はひとつ。

すでに上述してますが、ルーマニアで解約した際の大量のルーマニア通貨をユーロに両替できるのか、ってことです。

明日現地の両替屋をまわって確認してみますけど、もし無理っぽいなら1度ユーロの国に行く必要があるかもしれません。
ユーロの国でシティバンクを解約して、TC作って帰ってきます。

てかよく考えたらわざわざそんなことしなくたって、ルーマニアの銀行でルーマニア通貨から直接ユーロ建てのTC作れるんちゃうん?

絶対そうやろ、銀行ってそうゆうとこやもん。

ありです。


■解約後、西欧系の銀行口座開設

解約したお金を、西欧系の銀行に預金。

大恐慌なんてもろともしないような強い銀行を探して口座開設。
FUKYOU KAKATTE KOI BANKとかDAIKYOUKOU NANKA KANKEI ARAHEN BANKでの口座開設を狙っています。

ただ口座開設なんで、聞きたいことを山ほど聞かなければなりません。口座維持手数料の有無だとか各国々の現地通貨でお金が下ろせるのかとか。
大丈夫なんか、おれの英語力は。

銀行次第でありです。



それにしたって日記を書き出した時は、どの方法が正しいのかよくわからへん感じやったんですけど、えらいもんで書き連ねてるうちにどれが正しいのかよくわかってきました。

こんなもんどう考えたって、TCか西欧系銀行の二択。


この後に及んで、再びシティバンクの世話になろうかと考えていた1時間前の自分にこう言ってやりたいです。


「ばーか」

2008.12.18 (Thu) 01:19
漢字で名前を

現地人に漢字で名前を書いてあげると、とても喜ばれます。

コリン(子林)、マルビナ(丸美奈)、てなぐあいに。


こんな事で喜んでもらえるならと仲良くなればよく書いてあげるのだけれど、時には「漢字でおれの名前を書いてみろ」と逆に命令されることもあります。

まー、"時には"といっても国境での出入国時に日本人であることを疑われた時や警官に偽造パスポートを疑われた時に言われるくらい。
そんなに頻繁にあるわけじゃありません。


で、そんな時は言われるがままに相手の名前を漢字で書くのだけれど、ぼくもそんな彼らの偉そうな態度に腹が立っているのでかなり悪意のある漢字に相手の名前を変換。


ニク(馬鹿)

ナーゴ(口内炎)

チョカン(十四重苦)


どうせわかんないだろうし、このやろー言うて無茶苦茶に変換。
いやー、漢字ってのは素晴らしい。


しかししかししかし、彼らだって負けちゃあいません。
自分達の名前が漢字で書かれたメモを眺めながら、次に彼らはこう言いだすのです。


「ベトナム人じゃないのはわかった。中国人だろ?」


うそーん。

2008.12.17 (Wed) 05:54
大恐慌

世界的に大恐慌のような状態に入っているそうですが 、一旅行者として素直に感想を述べさせていただきます。

「円高ばんざい」

日本経済への負担は計りしれないでしょうけど、ぼくの財布の負担はどんどん軽くなります。
このまま1ユーロ、80円くらいまでいかへんかな。


住民票もきっちり抜いて、税金を全く納めていないくせに自称愛国家を名乗る不埒な非国民より。

2008.12.17 (Wed) 04:29
ただ思いの外、貯金は残ってた

昨日オカンから送られてきたメール。以下。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひろしへ


昨日、シティバンクよりお手紙が届きました。以下のとおり。

お客様がお持ちのワールドキャッシュは、まもなく有効期限が満了となります。
つきましては、有効期限内に以下の手順に基づき、残金の清算手続きをお願い
いたします。

有効期限:2009.1.9.
残金:******円 2008.12.1現在


とのことです。
旅立ってから2年を経過するので、このような措置になるのですね。

頑張ってね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


頑張ってね、か。

どっかで働こかな。
2008.12.16 (Tue) 22:20

いつだったか、ウクライナ西部あたりから杖をついて歩いています。

杖。


杖をついて足への負担を和らげようというのも杖を持つ理由としてなくはないけれど、実際はやんちゃすぎる犬たちへの対策。
杖を振り回して、どんどん追い払う。

今までだって犬はたくさん居たのだけれど、モルドバ辺りから一度に複数の犬に取り囲まれることが多くなりました。多い時なら一度に5、6匹。

本来犬好きなので、棒切れ振り回して犬を追い払うのはどうも抵抗を感じたけれど、それももう昔の話。

モルドバのような目にはもう遭いたくないので、今はただただ必死。
抵抗を感じてる暇なんてありません。


ふんっ、ふんっ
どっかいけ、このやろ


杖と共に歩んでいます。

しかし、21世紀になってもう十年が経とうかという今の時代に、ヒゲをボーボーに生やした男が棒切れを杖代わりにして歩いているというのはどう考えたって滑稽。

こんな風体じゃ、自分はこの先あれの容疑で捕まってしまうかもしれません。明日か明後日にでもきっと自分は数人の警官に取り押さえられてしまうにちがいないのです。あれをやられてしまう、あれを。

魔女狩り。

2008.12.16 (Tue) 09:15
ナチュラルハイブカレスト

最近ある知人に、ぼくのブログはもっとオフィシャル感を出した方がいいとアドバイスを頂きました。

「もう少しオフィシャルな感じにしたほうがいいかもしれませんね」

おおお、なるほど、自分のブログはたしかにオフィシャル感足りてへん、てかやる気が感じられへん、あかん、ちゃんとやるぞお、ちゃんとブログやらなあかんぞお。

ぼくはブログをリニューアルすることにしました。


しかしどうせ公式なものを作るなら、それはやっぱりブログじゃなくってホームページの方が良いにちがいない。そっちの方がなんとなく公式っぽくてよろしい。

ぼくはホームページを作ることにしました。


で、昨日からユースホステルのパソコンでちょこちょこやってたんですけど、ユースホステルに1台しか無いパソコンじゃ他の客だって居るし、ホームページ作成なんていつまでかかるかわかったもんじゃありません。


があああああああああああああがあ


そういうわけで現在、徹夜でネット屋にこもってホームページ作成中。


ぐおおおおおおおおおおぐお


しかし、ネット屋に来てFC2という優秀な無料ホームページスペースを見つけたまでは良かったのだけれど、このパソコンじゃホームページ作成ソフトをインストールできず。
FC2じゃホームページ作成は無理という事になりました。

Yahoo!ジオシティーズならソフト不要で簡単に作れるというので、不本意ながらジオシティーズで作ってるんですけど、このネット屋のパソコン、今度は「私の力じゃテンプレートを表示できません」とか言いだす始末で、もうこれじゃ一体なんのためにネット屋まで足を運んだのかよくわかりません。

しかし、かろうじていくつかのテンプレートは選べることが発覚しました。
おうっし。

で今さっき、なんとかホームページ完成しました。

ぼくの努力の成果をとくとご覧ください。以下。


"尾関のHP"



なんやねんこれ

2008.12.15 (Mon) 13:21
咬まれてしまって

モルドバで犬に咬まれてしまって、太ももの裏が痛い痛いことになっています。

歯形が残るほどにがっつり咬まれました。あうち。

もし、もし万が一、あの犬が狂犬病なんぞに感染していようものなら、ぼくはもうすでに狂犬病に毒されてしまっているということで、発病すると最初は風邪っぽいなー、気だるいなーなんてへらへらしてられるのだけれど、そのうち水が怖くなって、風も怖くなって、精神が錯乱するようになって、最終的には脳神経や全身の筋肉が麻痺しだして、ぼくはもうなんやわけわからんことになってきて、そのうち近所のメス犬に発情するようになって、夏になると全身の毛がよく抜けて、新聞配達のバイクが近付いてくるとよく吠えて、玄関にあるオカンの靴を噛んだりして遊ぶようになって、なんだかんだでこの家族に飼われて良かったのかもしれないワン、と最後に一言残して他界。

う~ん、悪くない。

2008.12.04 (Thu) 19:07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。