2007.10.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2007.12.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
向こう三ヶ月音沙汰が無ければ皆様大使館にご連絡を

カザフステップの冬季横断に向け、これまでと装備を一新しました。以下。

(1ドル=34ソム=110円)


・・・・・・・・・・・・・

■装備

ゴアテックス製軽登山靴(新品。8200ソム)

ゴアテックス製軽登山靴(今まで使っていた物。ボロボロ)

防水クリーム

冬用二枚張りテント(11000ソム)

冬用シュラフ(-40℃対応。8000ソム)

春秋用シュラフ(-0℃対応。mont-bell)

冬用ゴアテックス製アウター(5880ソム)

ユニクロのフリース

レインウエア上・下(mont-bell)

登山用ボトム(白野さんから)

ロシア製手袋(3200ソム)

軍用手袋(バザールで購入。120ソム)

冬用ニット帽(mont-bell)

ロシアの帽子(バザールで。400ソム)

防寒マスク(700ソム)

砂漠用ターバン(中国・西安で購入)

ひざサポーター(中国・西安で購入)

足首サポーター(中国・西安で購入)

下着・靴下・その他着替え

MSRガスストーブ(日本から再度送ってもらう)

鍋(バザールで。55ソム)

テント設営用スコップ(430ソム)

タイガーバーム(皮膚薬。タガタさんから)

食料(主に干し肉)

非常食(そのこ先生から)

カイロ(そのこ先生から)

テントマット(白野さんから)

グラウンドシート(白野さんから)

断熱シート(白野さんから)

粉末ポカリ(JIKAのあやかちゃんから)

日本製爪切り(さとしから)

耳掻き(さとしから)

MP3ウォークマン

イヤホン(さとしから)

反射帯(白野さんから)

ソ連時代の中央アジア地図(フジモトさんから)

ミニパソコン(フジモトさんから)

軍用ミニバッグ(バザールで。60ソム)

風呂セット・タオル

大量の薬品類(たーくんとひーちゃんから)

デジカメ(地元の友人たちから)

ミニ三脚

日記帳・ノート・文房具

ロシア語テキストのコピー

ペンチ・針金・ネジ等(台車修理用)

口琴(バザールで購入)

ガソリンタンク(5ℓ)

・・・・・・・・・・・・・


結局なんだかんだ揃えたら1500ドルちかい出費になってしまいました。

シュラフは二枚重ねに使うことで寒さを和らげるため、手袋・靴は濡れたまま長時間使いつづけると凍傷になってしまうので二つずつ用意。テントの設営時や除雪しながら進むときに必要になるであろうスコップまで用意することに。

この冒険以外にもまだいろいろ計画してるんで、ここでこれだけの出費はきついけれど、生きて日本に帰るためには仕方のない出費と思えば我慢するしかありません。

猟銃も売ってたんで狼や熊と遭遇したときに備えて買おうかと思ったんですけど、無許可のうえ未経験、さらにはむちゃくちゃ高かったのであきらめました。

装備を提供してくださった方々、本当にありがとうございます。次に会うときはなんかうまいもんでもおごらせてください。


・・・・・・・・・・・・・

■カザフスタン横断ルート


ビシュケク

↓90km

キルギス-カザフスタン国境

↓220km

タラズ

↓170km

シムケント

↓160km

トゥルキスタン

↓300km

クズルオルダ

↓450km

アラリスク(アラル海付近の町)

↓610km

アクトゥベ

↓620km

アティラゥ(カスピ海北端の町。町に流れるウラル川を越えた先はヨーロッパ)

↓370km

ロシア国境


総距離 2990km


・・・・・・・・・・・・・


すんなりロシアに抜けられればいいんですけど、ロシアビザの取得のためにもう一度ビシュケクに戻ってこないといけません(入国日2ヶ月前からしか申請できない)。

とりあえず最低でもクズルオルダ、狙うはアティラゥでのヨーロッパ入り。
イスタンブールに比べておそろしく地味なアジア横断ですけど、目的はアジア横断ではなくってユーラシア大陸の横断なんでまあこんなもんでいいと思ってます。

では、行ってきます。

スポンサーサイト
2007.11.26 (Mon) 18:51
「これはアバンチュールなのだよ、君」

普段歩いていると、現地人によく「なんでおまえ、そんなことやってんの?なんで歩いてんの?」と質問されることがあります。

おまえ頭おかしいんじゃねえの、とでも言いたげに出会う人間はたいがいこの質問を投げかけてきます。

しかしそんな質問を投げかけられたって、ロシア語のわからないぼくはヘラヘラ笑ってごまかすのが精一杯で「これはスポーツなのだよ、君」と適当に今まではあしらっていたんですけど、今せっかくロシア語の勉強をやっていることだし、今後は"冒険"という言葉を使って現地人に歩く理由を説明してみようかなと思いました。今さっき唐突に思いました。

・・・・・・・

ロシア語の勉強がひと段落ついたところで和露辞書を開いて"冒険"という字を探してみると、まず"приключения(プリクリュチェーニヤ)"という発言するたびに舌を噛んでしまいそうな面倒な単語が出てきやがりました。

「プリクリュチェーニヤ」
「プリクリュチェーニヤ」
「プリクリュチェーニヤ」

RとLの発音に注意しながら、とりあえず連呼。

「プリクリュチェーニヤ」
「プリュクリチェーニャ」
「プリュクリチェーニャ」

十秒もたたないうちに舌が回らなくなり、即中止。

舌の横が痛くなったのでなんとなく辞書の"冒険"の項目を眺めていると、他にも"冒険"という意味を指す単語を発見しました。


"冒険:авантюра"(アバンチュラー)


おおお
これってきっとあの"アバンチュール"ってのが語源
冒険ってアバンチュールやったんか、アバンチュールって冒険やったんか
てかよく考えたら冒険を指す"アドベンチャー"って言葉は、あれアバンチュールって読むんちゃうんか
Adventureはあれ絶対アバンチュールやろ

とぼくは新大陸でも発見したような気分になってひとしきり感動。


そしてさらに辞書には、ロシア語で"冒険家"のことを何というのかも書いてありました。


"冒険家:авантюрист"(アバンチュリースト)

冒険家=アバンチュールする人。


なんかめっちゃモテるやつみたいでかっこええな。

2007.11.15 (Thu) 19:25
積もってます

朝起きてベランダに出て煙草を吸おうとすると、いつも見ているベランダからの景色が変わっていました。

雪。

積もってます。

昨日まではベランダから遠く南にそびえ立つ雪のかかった天山山脈とここ四階の宿のベランダから手の届きそうなくらいの高さまで伸びた木、そしてその木の上で戯れるリスなんか眺めながら、うんうん秋だなあとへらへらしておったつもりなのですが、一晩たてばもうこの通り。

やっぱりあれだな、秋の次は何があったって冬が来るのだな、とぼくはそんなことに強く納得してしまって、日本を冬に出発して冬→春→夏→秋→冬と季節が一周してしまった今、ここキルギスという国で未だ歩くということに執拗な執念を持ちつづけている自分が素晴らしく思えたり、阿呆らしく思えたり。
とりあえずは、よくもまあこんなとこまで歩いてきたもんだなあと今一度そう思ったのです。


で、今日から冬が始まります。

ロシア語の勉強をしながら、プーチンを呪い続ける生活もいよいよ終わり。来週末にはカザクの半年ビザの受領を終えて、それから先はカザフの大草原を氷点下30~40℃の環境下で数ヶ月歩くことになります。

会う人みんなが心配そうにビシュケクでの越冬を勧めてくるのだけれど、将来的に南極やエベレスト、ベーリング海峡やシベリアをやりたい自分にとって、いま目の前に用意されたカザフスタンの環境は練習にはうってつけ。

恐ろしくきついだろうけど、今そんな世界を経験できるのは嬉しくもあります。

やるぞー


※まだロシアビザを取得していない(ロシア入国二ヶ月前からしか申請できない)のでもう一度ビシュケクに戻ってくることになります。そのときにもう寒いのは無理だーと思ったのなら越冬します。

2007.11.09 (Fri) 20:18
間の悪い時期に

間の悪い時期に日本を出発し、間の悪い時期に韓国を縦断、間の悪い時期に中国を歩き終え、間の悪い時期にここビシケクへ到着し、間の悪い時期にイランでの人質事件を知り、間の悪い時期にロシアビザの取得をしなければいけなくなった。

本当にそう思う。もはや運が悪い。


10月22日、ロシア外務省が世界中の国々に向けて発表した新しいビザのルール。

「大使館・領事館のある国の居住証を持った人間にのみロシアビザの発行を認める」

だそうです。

それは要するに、

キルギスでロシアビザ取れるのはキルギス人だけ、
カザフスタンでロシアビザ取れるのはカザフ人だけ、
中国でロシアビザ取れるのは中国人だけ、
アメリカでロシアビザ取れるのはアメリカ人だけ、
エジプトでロシアビザ取れるのはエジプト人だけ、
ブラジルでロシアビザ取れるのはブラジル人だけ、
日本でロシアビザ取れるのは日本人だけ、であるということ。

世界中の国々で日本人がロシアビアを取得できる国が日本だけ、であるということ。


ろろしああー

2007.11.02 (Fri) 18:35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。