2007.02.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2007.04.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
河南省桐柏

朝起きると雨音が聞こえたので、一瞬の判断で今日は休日にしました。
二週間ぶりです。

朝から食糧買いに行って、朝メシ作って、洗濯して、雨の中の野宿でびしょ濡れになったテントを室内で干したりしました。
そしてこれから宿に帰って晩メシを作ります。いつもインスタントラーメンなので今日は中華料理界に旋風巻きおこすようなものすごい料理を作ったろうと思ってます。

タイトルは「沸騰したお湯の中に市販の乾麺と付属のダシを放りこんで3分ほど煮込んだめっちゃおいしいやつ」です。宿のおばちゃんに食べさせたらキャインキャイン言うこと間違いないでしょう。

スポンサーサイト
2007.03.23 (Fri) 19:22
メル友より愛をこめて

375457084_52[1][1]_convert_20090219063631


携帯を上海で購入したもののよく考えたら、中国国内に連絡取りあう人間が居なかったぼくに最近ようやくメル友ができました。

歩行中に仲良くなった中国人サイクリストの成 松くん(まっつん)です。

375457084_44[1][1]_convert_20090219063346

まっつんはぼくのことをとても心配してくれていて「関 尾裕、今日は雨だったけど大丈夫?」とか「関 尾裕、今日はどこまで歩いたの?」とか「関 尾裕、足痛くない?」とか「関 尾裕、もう寝たの?」と毎日何度も携帯にメールをくれます。

中国語と英語をおり混ぜたまるで彼氏彼女のようなメールを。

375457084_121[1][1]_convert_20090219063709

ただ、ぼくの名前をおもっきり間違ってもうてます。
注意しにくい。
2007.03.16 (Fri) 19:53
もげてしまえ

足がもげてしまうかと思った。
そして、もげてしまえと思った。

足がもげてしまうかと思った。
ポルトガルまでついてこれないような軟弱な足はいらないと思った。
だから、もげてしまえと思った。

2007.03.12 (Mon) 19:35
解き放つ

368907193_110[1][1]_convert_20090219061254

きのう安徽省のど田舎にある宿に泊まってたら、夜になって宿のおばちゃんが「カモンカモン」と窓から室内でくつろいでいたぼくを呼びました。突然。

「なんだなんだいったいどうしたのか」とドアを開けてやると宿のおばちゃんはぼくの部屋の中にむかっておもいっきりニワトリを解き放ちました。

もちろん生きてるやつを。
ふだん放し飼いにしてるやつを。

ブアサササッ

意味がわからんです。
ぼくがなにか悪いことをしたとでもいうのでしょうか。


ぼくは必死になって「客の部屋にニワトリを投げ込むとはなにごとか!」と抵抗したのですが、おばちゃんは「いつもここにニワトリを寝かせてるんである。わたし何も悪くない」との主張を何度も繰り返し、しまいには怒り出してしまいました。

ぼくも頭にきて「もう勘弁ならん、こんなとこ出ていく」と言って宿を飛び出してやろうかと思ったのですが、少し思い直して、けっきょくは宿のおばちゃんの主張を聞き入れることにしました。
だってその集落にはここしか泊る宿がなかったんですから。


そしてぼくは宿のおばちゃんがどこかへ消えてしまった後も、ひとりドアの前で敗北感をかみしめることになりました。これは本当に本当に悔しかったのです。

と、ふとニワトリのことが気になって、ニワトリの方を見やりました。

するとニワトリは部屋の隅で丸くなり目をつぶっていてもうすでに寝てしまっているのです。それはもう、ものすごく気持ち良さそうな顔で。やっと暖かい部屋に入れたあ、ってな顔で。

そしてそんなニワトリの姿を眺めていると、ああ、そうやな、今日くらいはこんなんもありでええよなあとそんな気持ちになってきて、ぼくは宿のおばちゃんに対する悔しく腹ただしい気持ちがどうでもよくなってしまったのでした。 そうです、ニワトリだって生きているのです。


ただ、このニワトリが翌朝5時に全力でコケコッコー言いおったときには本気で殺したろ思いました。あほのニワトリは卵も生みませんでした。



※合肥着きました。

2007.03.09 (Fri) 22:53
靴修

モンベル社ゴアテックス製タイオガブーツ。

この軽登山靴とはモンベルに支給してもらってから四国遍路、韓国縦断、そして上海から南京までの300km超と合計2000kmちかくを一緒に歩いていて、ひどいラバーの摩耗に前々からけっこう困らされている。

ゴアテックス製で雨の日歩けるのはこの靴の大きな利点だし、足首が固定されているので長時間の歩行でも疲れにくく腱鞘炎の予防にもなるというこんなにも自分の環境に適した靴をラバーの摩耗のために処分するのはどこか納得がいかず、かといってモンベルに電話して中国へ新しい靴を送ってもらうというのもできれば避けたい。

なんとかこの靴をずっと履いてヨーロッパまで歩けへんもんやろうか。
困った。

と、そんな苦悩からぼくは”靴修”と書かれた看板を掲げた中国人のところへと飛び込んだのです。

364032048_118[1][2]_convert_20090219060455

······5分後·······


自分の苦悩はわずか5元(75円)で解決できる程度のことやったんか。
中国人ってほんと偉大。


364032048_148[1][2]_convert_20090219060532

2007.03.04 (Sun) 22:25
南京

昨日のうちに南京に到着しました。
上海より西320km。



363001615_130[1][2]_convert_20090219054946
<写真>
常州から南京へ。霧雨。

363001615_251[1][2]_convert_20090219055245

363001615_250[1][2]_convert_20090219055015


2007.03.03 (Sat) 22:06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。